写真が好きな人のための情報サイト

>

多くの人が写真を楽しんでいる

良い写真が撮れるのって嬉しい!

とても単純ですが、良い写真が撮れると「おっ」と嬉しい気持ちになります。
スマホでも一丸レフカメラでも、少し写真を撮ったことのある人なら覚えがあることでしょう。
偶然撮れたものでも、「私、もしかして写真の才能あるかも!」なんて思っちゃいますよね。
スマートフォンのカメラも非常に高性能になり、一眼レフに引けを取らなくなってきた今、誰でも美しい写真を撮ることができるようになってきています。
良い写真を撮ることだけでなく、その思い出を見返したり、誰かとシェアできるのも写真の魅力のひとつです。
旅行や行事の写真を家族で囲むと、楽しかった記憶が何度でも思い出せます。
SNSにアップロードすると、さまざまな人と思い出を共有することもできます。

人それぞれの目線を実感できる

同じ場所で写真を撮ったとしても、誰もが同じ写真を撮るということはありません。
写真の魅力として、人それぞれの視点を示してくれる、ということがあるのです。
同じ被写体でも「きれいだな」「すてきだな」と感じる部分は人それぞれに違うので、今まで気がつかなかった魅力に気がつくことができます。
写真を撮るのが趣味という人は、「どうやったら被写体の魅力をほかの人に伝えられるだろう?」と考えながら写真を撮っていると思います。
地面に寝そべって視点を低くしてみたり、背景をぼかしてみたり。
ふだんは気にも留めないものでも、写真で見るとはっとするほど美しく見えて驚くことがあります。
一眼レフのカメラだと、レンズの交換などによりさまざまな効果を表現することができ、より自分の視点を表しやすくなります。


TOPへ戻る